映画で学ぶ小学生でもわかるコンテンツマーケティング

営業しないで、売上げを伸ばす。究極の販売手法コンテンツマーケティングを小学生でもわかる様に、映画の主人公から学ぶ。

 

一言で言い表せば、コンテンツマーケティングとは、『喜び』を育むコンテンツ作り。

 

いま巷では、コンテンツマーケティングの話題が溢れ、ITシステムやら海外ビジネスやらスタートアップやら色々な話題とゴチャゴチャと説明されていて訳が解らないと言う人多いと思います。専門用語だらけで意味のわからない。なにが言いたいのかサイトを見てもわからない。

 

そこで、コンテンツマーケティングとは、どんな手法なのか。

映画の主人公から学ぶコンテンツマーケティング。

 

山田洋次監督作品、映画『男はつらいよ』で渥美清さんの演じる主人公は、「寅さん」こと車寅次郎は、日本各地を旅しながら路店で商品を販売するテキ屋と呼ばれる稼業を生業としている。映画の中で寅さんは、ユーモア溢れるキャラクターで描かれ、縁日(お祭り)などで路店商、テキ屋として商品を販売する。寅さんは、縁日に訪れた人達を粋な風情溢れる語りで楽しませ、足止めしたお客が、語りを聞いてると、だんだんと楽しい雰囲気に包まれて、寅さんのお勧めする商品購入。

 

映画では、こんな様子。縁日を興味ありげに見て回る人の耳に風情のある語り口調が聞こえてくる。

 

「四角四面は豆腐屋の娘、色は白いが水臭い。四谷赤坂麹町チャラチャラ流れるお茶の水。粋なねえちゃん立小便、ってのはどうだい!」

粋な口調の語りに興味を示した人達が寅さんの路店の周りに集まる。

 

ユーモワたっぷりな語りで娯楽的な時間を提供する寅さんは、集客に成功し、粋な語りに

聞き入っている人達との親和性を構築しながら、頃あいを見計らい、販売したい商品へと誘導してゆく。

 

寅さんの場合は、ユーモアというコンテンツを提供している。

ユーモアと寅さんのキャラクターが魅力的なコンテンツになっている。

 

皆さんがユーザーを集めるとしたら、どんなことができそうですか?

『喜び』とか『役立ち』とか『問題解決』など

ユーザーが集まるコンテンツを自由に創造すればいいのです。

 

ユーザーが『喜ぶ』情報

ユーザーが『役立つ』情報

ユーザーの『問題解決』情報を魅力的なコンテンツにすれば、

 

ITがどうのこうのという事は、べつに知らなくても大丈夫です。

IT知識や経験がまったくなくてもコンテンツマーケティングは成功します。

 

例えば、フランスのタイヤメーカーミシェランは、旅する人が喜ぶガイド誌ミシェランガイドを発行した。

 

例えば、東京ディズニーランドは、他の遊園地は、経営が苦しい中で、なぜ東京ディズニーランドだけは、凄い人気なの?

ミッキーマウスやシンデレラ、ピーターパンというコンテンツが夢と感動を提供しているから。

 

例えば、納税日本一の斉藤ひとりさんは、元気のない人を励まし続けていたら納税日本一となった。人柄と優しさが魅力的なコンテンツとなり、人が喜び、商品も売れる。テレビCMやラジオCMなどの営業らしい営業は行なっていない。

 

映画の中で、寅さんも、元気のない人を励ますことも言う「大丈夫、大丈夫、大丈夫って三度唱えてみろ。大丈夫な気になるもんなんだよ。そしたらホントに大丈夫になっちゃうんだよ。」

 

成功するコンテンツマーケティングは、必ずといって良いほど、喜びや感動とつながっている。

 

大事なことは、魅力的なコンテンツをつくること

 

ディズニーランドのようなに長期的に沢山のユーザーに愛され感動を生み続けるコンテンツ。

 

売る為だけのコンテンツは、レジの横に置いてある。ついでに商品を買ってもらうだけのコンテンツになる可能性がある。

 

今、コンテンツマーケティングが、注目されている理由は、多額の広告費を投じたCMは、邪魔もの扱いされ、広告はスキップされる。

 

しかし、魅力的なコンテンツは、探され熟読されるからです。

 

『ノーコンテンツ・ノーサクセス』の時代。

 

日本で、コンテンツマーケティングで成功するには、どんなやり方が望ましいか。

多くの話題が生まれていますが、

ITの仕組みなどは専門家(我々)におまかせて

コンテンツマーケティングをはじめたい企業様は、『喜び』に繋げたいというい

強い思いだけご用意ください。

ユーザーが抱えている問題を喜びに変える魅力的なコンテンツを一緒に考えましょう。

 

次回も小学生でもわかるコンテンツマーケティングの続きを掲載します。